So-net無料ブログ作成
検索選択

イギリス旅行ー4日目大英博物館 [>ロンドン]

エディンバラからロンドンに移動し、イギリス旅行後半戦のスタートです。

エディンバラからの移動には、以前の記事のように鉄道を利用しました。
到着先は、ロンドンKing's Cross駅です。
ここからホテルのあるRussell Squareまでは歩ける距離なのですが、スーツケースもあるしな・・・ということでタクシーを利用することに。
が、ここで問題発生。なんと近すぎるからということでタクシーに乗車拒否されます。まじでー!?まさかの展開です。交渉する力もなかったので、仕方なくトボトボとホテルに徒歩で向かうことに。
が、ここでまたまた問題発生。なんと偽警察官詐欺にあいかけます。笑
ここまでくると笑えてきますね!エディンバラののんびりとした空気から一気に戦闘モードに入ります。結局、強くNo!と言い続けて乗り切ったので偽警察官詐欺だったのかどうかはわかりませんが、明らかにスーツケースを引きずっている旅行者を追いかけて地図を片手に話しかけてくる人と、それを待ち構えるように前方に私服警察官を名乗る二人組みがいるのって、おかしくないですか?おかしいですよね。なんだか警察手帳のようなものを出してきましたが、とにかく睨みつけて大きな声でNoと言いつつ振り切りました。。。
駅からホテルまで歩いて15分か20分くらいでしたが、なんとかたどり着いてチェックインできました。つ、疲れたよ〜。
ロンドンのホテルはこちら。
Hotel Russell
http://www.hotelrusselllondon.co.uk/
これまた非常に重厚なホテルです。エディンバラのホテルよりも部屋自体は狭かったですが、大きな通りに面した側の部屋ではなかったので、夜も静かに過ごせました。朝ごはんは、相変わらずイングリッシュブレックファーストです。取り立てておいしいわけでもないのですが、朝ごはんを逃すと1日まともに食事をしなかったのでここで満腹にしておきます。
実は、イギリス旅行の直前にインフルエンザではなかったのですが39度の高熱を出していて、熱は下がったもののすこぶる体調の悪い状態で旅行にきてしまったため、ほとんど外食ができませんでした。。。お腹の調子もよくなかったので、観光先で調子を崩したらすぐにホテルに戻るというパターンを繰り返しました。そういう点ではホテルの立地が良くてとても助けられました。

ロンドン初日はごはんを食べてすぐに就寝。
次の日からロンドン観光です。まずはホテルから一番近いという理由で、大英帝国博物館に乗り込みます。
British museum1.jpg
乗り込んだはいいものの、その前に周辺をうろうろとしたので博物館裏手の入り口から入ることに。表玄関はとっても混んでますが、裏口はかなり空いてます。荷物チェックで並びたくない人は裏から入るのも良いかもしれません。
まぁ館内は広くて広くて、とても数時間では終わりません。結局、初日と最終日に二回来ているのですが、全然見終わりませんでした。また数年後の楽しみにとっておきます。
British museum2.jpg

ここで一度ホテルに戻って博物館内のショップの戦利品を置き地下鉄で移動します。
オイスターカードは、事前に日本でいくらかチャージした状態で購入しておいたので、すんなり使えました。まずはこちら。
トラファルガー広場です。
trafalgar square.jpg
北側にはナショナルギャラリー。
national gallery.jpg
ここを起点に、スコットランドヤード跡地のプレートを目指して歩きます。
トラファルガー広場から遠くないのですが、ちょっと奥まったところにあるので解りにくいかもしれません。ホワイトホールプレイス通りとグレートスコットランドヤード通りの間をつなぐ、細い道の中に記念プレートが掛けられています。
scotland yard.jpg
ほとんど観光客も来ないのか、静かな場所でした。

ここからさらに歩いてビックベンを目指します。ホワイトホール通りをひたすら南下していくと現れました!
Big ben.jpg
赤いバスと、ロンドンに来た雰囲気を醸し出してくれます!
テムズ川もパシャり。
river thames.jpg
あれですね〜。ロバートダウニーJrホームズが落ちてくところですよね〜。
この辺にきたところで小雨が本降りになったので、地下鉄に避難。
再び小雨になったところで移動先からお買い物に繰り出しました。
Green Park駅から、Piccadilly circus駅まで歩きながらお買い物とアフターヌーンティーです。
アフターヌーンティーは、Richoux Coffee Loungeで。
http://richouxpiccadilly.com/
特に予約はしていませんでしたが、空いているか聞いたらそのまま通してもらえました。
アフターヌーンティーを頼んだら、こんなものが出てきました。
afternoon tea.jpg
これこれ。これをやりたかったんですよね〜。残念なことに紅茶が葉っぱではなくてティーパックだったのですが、ホカホカのスコーンは最高に美味しかったです♪
ただ例にも漏れず量が多すぎたため、お願いして持ち帰りにしてもらいました。
店内にいらした素敵なスーツの素敵なおじさま三人組みも大変気になりました。内装も含め、目もおいしいお店でしたよ。

お腹がふくれたら、すぐ近くのFortnum & Masonへ。お土産や自分用のお菓子・葉っぱを買い込みました。帰国してからもっと買ってくればよかったな〜と思うものも多かったです。
荷物も重くなってきたので、Piccadilly circusからRussell square まで地下鉄で帰り、ロンドン1日目は終了です。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 2

aloha

当方にご訪問頂き、ありがとうございました。
ロンドンタクシーといえば名物のひとつなのに、乗車拒否とは。
しかも、そのせいで怖い思いもしたので大変でしたね。
私も4年前にロンドンへ行きました。
アフタヌーンティー、私はBrown's Hotel にしました。
アガサ・クリスティが好きなので。
アフタヌーンティーは優雅でいいですよね(^^)
by aloha (2016-10-16 19:42) 

adeliae

>alohaさん
コメントまで頂きありがとうございます。ロンドンタクシーに乗りたかったのですが、出だしから怖くなってしまい結局乗れず仕舞いでした。残念です。
バートラムホテルのモデルでのアフターヌーンティー、憧れます!格式高そうで躊躇していましたが、次回旅行する際には訪れてみたいです(^^)
by adeliae (2016-10-17 09:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。